不倫・浮気

夫に不倫がバレそうになった時の対処法と、許してもらうために出来ること

投稿日:2019年1月11日 更新日:

例え結婚しても、女はいつまでも女。

夫以外の他の男性を好きになってしまうことだってありますよね。

特に、毎日一緒にいると夫を『魅力的な男性』という目で見られなくなるのも仕方ないことです。

夫以外の人を好きになったからと言って、家庭を捨てて離婚したいとは限りませんよね。

 

「彼のことは好きだけど今の生活は絶対に失いたくない」

「でも不倫が夫にバレそうになった時やバレてしまった時はどうすればいいの?」

 

そんな悩みを持つ女性のために、不倫がバレそうになった時の対処法や許してもらう方法についてまとめてみました。

 

夫に不倫がバレそうになった時の対処法

帰りが遅い・スマホを見る時間が増えたなど、『なんとなく怪しまれている』場合

「最近帰り遅いよね」

「ずっとスマホ見てるよね」

と、なんとなく怪しまれている場合には『次回も同じ言い訳が使える理由』を用意しておきましょう。

例えば「事故で電車が止まって身動きが取れなくて…」なんて何回も使えないし、今は調べればすぐにバレてしまいます。

  • 職場で辞めた人がいて、仕事の量が増えてるの
  • 友達が離婚して、寂しいみたいで飲みに誘われるの
  • 新人が悩んでるみたいで、相談に乗ってるの
  • 資格を取ろうと思って、勉強してるの
  • 友達とヨガに通ってるの

こんな理由を作って、あらかじめ遅くなったり連絡が頻繁になる伏線を張っておきましょう。

これなら事前に「今日は遅くなるかも」と言いやすいですよね。

 

大切なのは、ボロが出ないように設定を作り込んでおくこと。

どの部署の誰がいつ辞めて、どんな仕事が増えたのか。人員が補充される見込みはあるのか。友人を使う場合は共通の知人がいない人を選ぶ。

こういった点をしっかり固めて、「あれ、辞めたんだっけ?こないだ産休って言ってなかった?」なんて言われることがないようにしましょう。

 

また、どんなにやむを得ない事情であっても、帰りが遅いことを快く思う夫はいません。

不倫相手と会う時間を確保したいのであれば、有休を活用するなど昼間に会う方法も検討しておくといいですね。

 

『急にお洒落になって夫が怪しんでいる』場合

女性は恋をすると下着も新調したくなるし、髪型やネイル、服装だって変えたくなりますよね。

キレイになっていくあなたを見て、ご主人も悪い気はしていないはず…

ただ「最近急にお洒落になったよね?浮気でもしてるんじゃない?」なんて疑われると、ドキッとしちゃいますよね。

 

そんな時はこんな風に言ってみて下さい。

 

「最近あなたに女として見られてない気がするから、ちょっと気を引こうと思ってね」

「あなたの『綺麗な奥さん』でいたいから、頑張ってるの」

 

女性がキレイになりたい理由なんて、新しい彼ができた以外にもいくらでもあります。

それが夫のためなら、キレイになることを嬉しく思ってくれるでしょう。

 

『スマホを見られた』場合

  • スマホを覗き見られて、なんか男らしき人とLINEをしている
  • メッセージの内容は出ていないけど、LINEの通知が前より増えた
  • 全部は見られてないけど、やりとりの一部を読まれた・・・

こういった理由で、まだ浮気とは気づいていないけれど疑われている…

そんな時は『今を切り抜ける方法』と『その後を上手くやっていく方法』に分けて考えましょう。

 

まずその場を切り抜けるには、先程紹介したような『友達・新入社員からの相談』や『同級生から久々に連絡がきた』なんて理由が使えます。

でも、それで100%納得してくれる人ってあんまり居ませんよね。

「元カレなんじゃないか・・・?」と思うのが自然な反応です。

そこで、その後を上手くやっていくには以下のような方法を試してみましょう。

  • 連絡を取ったらすぐに消しておく
  • できるだけ平日の昼間に連絡を取るようにする
  • 連絡を取るときはあなたからと決めておく
  • 甘い話はLINEではしない
  • LINE以外のツールで連絡を取る

こういった工夫で、日頃からバレないように気を付けておくことが大切です。

 

完全にアウト、諦めるしかないケース

  • ホテルに入る、出てくるのを目撃された
  • 手を繋いだり、キスしているのを目撃された
  • 『愛してる』とか書いてあるLINEを読まれた

夫本人にでも、共通の知人にでも、こういったケースはもう言い逃れはできないと思っておいたほうが良いでしょう。

覚悟を決めるしかありません。

 

次の章が少しでも参考になれば幸いです・・・。

 

バレてしまった不倫を許してもらう方法

努力虚しく不倫がバレてしまった・・・

そんな時はもう、小手先の方法は通用しません。とにかく正面から、誠実に対応することを心がけましょう。

 

妻が不倫したことで、夫の心も冷静ではありません。

まずは離婚せず、許してもらうこと。それから時間をかけて元の関係に戻ることを意識しましょう。

 

言い訳をせずに謝る

許してもらいたいのであれば、絶対に言い訳はせずに謝ることです。

どんな理由があったにせよ、不倫をしたあなたは悪いんです。その事実は受け止めるようにしましょう。

ここで言い訳をしてしまうと、最悪の方向にいってしまいます。

 

「私に寂しい思いをさせているあなたにも原因があるのよ」

「セックスレスで私のことを女として見てくれてないくせに」

 

こんなことは、思っても絶対に言わないようにしましょう。

相手の心に火をつけてしまいますから、許してもらえないだけでなく慰謝料なんかでも不利になる可能性が高いです。

 

そして「もう二度と不倫はしない」ということと「あなたを裏切ってしまってごめんなさい」ということをしっかり伝えておくとよいですね。

時間はかかるかもしれませんが、言い訳をせずに反省していることを伝えることが大切です。

 

態度で反省していることを現す

夫に許してもらうためには、反省していることをしっかりと態度で示すことが大事です。

しっかり謝った後に「夜の外出はしない」など、夫からのペナルティがあるのであれば受け止めましょう。

そして『不倫相手とはもう会わない』ということを態度で示すために、連絡先を消したりスマホを変えたりするなどあなたから行動してください。

 

また、反省しているということを夫にも分かってもらうために、家事は今まで以上に頑張りましょう。

夫の好きな料理を作ってみたり、少し大げさなくらい態度で示すようにすれば、だんだんと夫の心もほぐれてくるはずです。

 

『夫に不倫がバレそうになった時の対処法と、許してもらうために出来ること』まとめ

  • 友人や職場の人を使って、『帰りが遅くなる・連絡が増える理由』を作っておく
  • お洒落になったのは、夫のためだということにする
  • スマホを見られたら『その場をしのぐ方法』と『その後の疑惑を薄める方法』に分けて考える
  • バレたらとにかく正直に、誠心誠意謝るしかない

そもそもミスをしないのが一番ですが、バレそうになった・バレてしまった時でも対応一つで結果が大きく変わってしまいます。

今の生活を守りたいのであれば、恋に浮かれてばかりじゃなく、しっかり脇を固めることも意識しましょう。

-不倫・浮気
-,

Copyright© コロネ , 2019 All Rights Reserved.